• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 85
  • 公開日時 : 2013/06/17 10:19
  • 印刷

7.3.2.3 特殊特性

回答

【規格の意図】
決定した特殊特性(「製品の鍵」)を管理手順(コントロールプラン)に入れて管理して下さい。
また、他のどの文書にその“鍵”の記述があるのかを整理しておいて下さい。
折角、判明した「鍵」を上手に重点管理しないと、「鍵」を見逃してしまいます。

【解釈】「特殊特性」 とは、日本の自動車業界では、「重要保安部品(監督官庁:国土交通省へお届け案件:ブレーキ系、ステアリング系等含めて」、「保安部品」等が該当致します。これらは、該当部品を対象にロット管理、検査の強化(全数検査等)等が実施されています。
一方、「特殊特性」は、”品質特性”が対象です。顧客要求(仕様書、図面等に明記)及び組織の設計・開発部門要求が、”多機能協業チームの審議を経て、”図面”、”仕様書”、”設計FMEA”、”工程FMEA”、”コントロールプラン”、”作業手順書(検査手順書を含めて)”を含めた
すべての文書に表示され。重要さをアピールされています


【ポイント】”熱処理工程”、”気密モレ検査工程”等が特殊工程として、特定され、”工程パラメーター”が追加されている場合があります

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます