• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • トップカテゴリー > IATF16949 > 7.1.3.1 工場、施設及び設備の計画 『製造フィージビリティ』とは、TS規格のフィージビリティスタディとは異なるのでしょうか?既存の製造ラインに、新し...
  • No : 469
  • 公開日時 : 2017/02/01 13:55
  • 印刷

7.1.3.1 工場、施設及び設備の計画 『製造フィージビリティ』とは、TS規格のフィージビリティスタディとは異なるのでしょうか?既存の製造ラインに、新しい生産品を適用する際の生産能力評価、作業者が新しい製品の生産に対応できるスキルを取得しているか?などの評価を実施すれば良いのでしょうか?その結果を工場長をTOPとする生産会議等に報告し評価を受けなければならないと言うことでしょうか?

カテゴリー : 

回答

実務の指針は、ISO/TS16949:20097.2.2.2と同様ですが、IATF169497.1.3.1は製造フィージビリティを行う計画(P)を持つこと、8.2.3.1.3は製造フィージビリティを実施(D)することで規格の構成を替えています。また、8.2.3.1.3の要求事項を実現するための7.1.3.1の要求事項に従った計画(プロセス)を策定することです。具体的な方法論は、ケースで異なりますのでこの相談室では回答は出来ませんことをご了承ください。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます