• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 422
  • 公開日時 : 2015/12/30 17:27
  • 印刷

市場に出回っているISO/TS16949の解説書にMSAにおいて、変動の程度の%GRRの結果、10%≦%GRR≦30% と算出された場合、条件つきで許容可とできる(顧客承認を得る)。この場合、測定の重要性、改善コスト等を検討の結果、許容される事がある。と記載されていますが、「測定の重要性、改善のコスト」とは、具体的な例に、どの様な状態や、事例と捕らえれば良いでしょうか?

回答

測定の重要性とは、通常特殊特性に関する測定システムのことを言います。特に顧客指定の特殊特性の場合、10%≦%GRR≦30%の結果は、ほとんど承認されません。改善のコストは、すでにより精度の高い測定機器が存在するけれども、とても高価で購入する予算がないことで顧客に暫定承認をもらうような場合を言います。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます