• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 400
  • 公開日時 : 2015/12/30 16:49
  • 印刷

【特殊特性の管理について】顧客指定の特殊特性についての管理方法などは顧客より指定があり、管理図や作業者認定を行うこととしています。当社が指定する特殊特性については、上記と同様に管理図や作業者認定を行わなければならないでしょうか?それとも、作業者認定のみの管理でも問題はないでしょうか?

回答

特殊特性の管理として、必ず管理図を使用しなければならないということには、ありません。 作業者認定も状況によります。顧客指定の特殊特性は、工程能力の継続的な維持を目的としているために管理図による傾向監視及び工程の妥当性確認者としての作業者認定が要求されているのだと思います。通常、組織の特殊特性は、工程FMEAによるリスク分析の結果として設定されるものです。当然正規分布でばらつくような特性は、管理図による監視を実施して、いつでも工程能力を把握できるようにすることが推奨されますが、管理方法は組織で決めることです。工程FMEAと矛盾のない管理方法が取られていれば、特に管理図でなくても問題になりません。 特に重要な工程パラメータに対して特殊特性を設定した場合、管理図での監視は不可能です。

 

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます