• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • トップカテゴリー > TS rule4  > 7.2 特別審査 > 7.2.2.2「組織は契約内容の確認過程において、リスク解析を含めて提案製品の製造可能性を調査し確認し文書化しなければならない」新製品の仕様確認後、既存設...
  • No : 386
  • 公開日時 : 2015/12/30 14:41
  • 印刷

7.2.2.2「組織は契約内容の確認過程において、リスク解析を含めて提案製品の製造可能性を調査し確認し文書化しなければならない」新製品の仕様確認後、既存設備及び設備条件で生産可能であれば設備能力算出と製品コスト関係の資料を作成。もう一つは、新製品の仕様確認後、既存設備及び設備条件で生産不可能であれば新規設備導入による設備能力算出と製品コスト関係の資料を作成する。これで要求事項を満たしますか?

カテゴリー : 

回答

顧客との正式契約前に実施出来ることが確実であれば、解釈に間違いはありません。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます