質問のさがし方

『 7.5 製造およびサービス提供 』 カテゴリー内の"よくある質問"

17件中 1 - 10 件を表示

1 / 2ページ
アクセス数順 最新順
  • 7.5.1.1 コントロールプラン

    【規格の意図】計画の成果物がコントロールプランです。FMEAを実施して、リスクを下げて下さい。結果は管理方法を決めて、運営して下さい。管理方法には、管理外れ、工程能力不足の時に何をするかも決めておいて下さい。影響がでる変更のときには管理方法を点検して下さい。常に最適な工程計画を実施して下さい。 【解釈】日本の...

    • No:88
    • 更新日時:2013/06/17 10:19
  • コントロールプランとチェックシートに不整合がある場合は不適合になりますか。CPには製品のガタ外れの確認、チェックシートにはこれ以外にエアー元圧が正常か、表...

    ご質問の状況だけでは、不適合と判断されません。ただし、コントロールプランには設定条件に繋がる基準書番号を記載しておくことが推奨されます。その基準書に基づいて現場と整合したチェックシートが作成されていれば、何も問題ありません。または、チェックシートの管理番号をコントロールプランに記載していても、チェックシートそのも...

    • No:371
    • 更新日時:2014/05/01 12:46
  • 7.5.1.5 生産治工具の運用管理

    【規格の意図】治工具(製品品質を作りこむ部分。例えば金型)やゲージ(製品品質を測定する部分)の管理を正しく行って下さい。(結果として製品品質への影響が大きいため) 【解釈】量産、非量産及びサービス部品の全ての製品の製造で使用される "ツーリング"(金型、治工具、刃具類など)の新規設計活動は、7.3項の "製造工...

    • No:103
    • 更新日時:2013/06/17 10:19
  • 7.5.1.4 予防保全及び予知保全

    【規格の意図】当社へ部品が供給されなくなると困るから、製造装置の故障は出来る限り避けて下さい。装置が停止するなら、突発修理ではなく、事前の点検をして管理して下さい。   【解釈】日本で殆どの製造メーカーが実施されているTPM活動(又はPM活動)と理解してください。予備部品に関して、錆びやすい環境高...

    • No:102
    • 更新日時:2013/06/17 10:19
  • 7.5.1.3 作業の段取りの検証

    【規格の意図】段取り替えを行った時、前回最後に作った製品から変化がないことを確認して下さい。 常に同じ製品品質を求めます。 【解釈】日本の製造メーカーでは殆どの企業が実施されている”段取り替え” 【ポイント】作業指示書(段取り替え手順書が該当)は作業者が直ぐ見れる(業務を中断しないで閲覧可能tの主旨)所にあ...

    • No:98
    • 更新日時:2013/06/17 10:19
  • 7.5.1.5生産治工具の運用管理 - 生産中,修理中又は廃却のような,状況を明確にする治工具の識別 【質問1】上記要求事項に対して金型も治工具に入り...

    金型は最も代表となる治工具(Tooling)の一つです。定義はずっと変わっていません。製品を加工する型、刃具や製品をセットして検査する治具など、直接製品に触れるものを治工具と言います。尚、識別に関しては、顧客所有物でない限り場所などにおける看板や荷札等による識別も認められます。顧客所有の金型のような場合、廃棄承認...

    • No:449
    • 更新日時:2015/12/31 07:47
  • 7.5.1.2 作業指示書

    【規格の意図】監督者のための管理項目が記載されたものがコントロールプランです。コントロールプランを作業者に分かりやすいように、作業指示書にしてあげて下さい。間違って作ると、間違った部品が出来上がります。作業者に作り方を正しく伝えて下さい。 【解釈】「作業基準書」、「作業指導書」、「検査基準書」、「広報所」、「...

    • No:89
    • 更新日時:2013/06/17 10:19
  • 弊社のインド工場で審査員から「妥当性確認の根拠」を要求され、各工程で点数付けをしたFMEAやCp,CpK、Gauge R&Rを提示致しました。しかし、審査...

    審査員が求めている証拠は、設計の妥当性確認の証拠でなく、7.5.2項の製造工程(プロセス)の妥当性確認の証拠のように思います。この要求事項は、御社が手続き(ルール)を決めて量産以降の妥当性をどのように評価するかが求められています。量産開始時に実施される初期流動管理のようなものが初期の妥当性確認活動です。難しいのは...

    • No:409
    • 更新日時:2015/12/30 17:07
  • アウトソースと支援部門の違いを教えて下さい。例として、同じ工場内に親会社と子会社が存在しています。インフラ(電気、水、ITなど)の管理は親会社の工場の管理...

    支援部門として登録する必要はありませんが、インフラ管理の実務者として審査でインタビューの対象となります。業務委託契約内容も審査対象となります。御社にはいないかもしれませんが、審査上の扱いは工場内にいる派遣社員の方や物流センターにいて出荷業務を担当している運送会社の方と同じです。

    • No:432
    • 更新日時:2015/12/31 07:14
  • 7.5.2.1 製造及びサービス提供に関するプロセスの妥当性確認−補足

    【規格の意図】製造、サービスも時間とともに劣化するし、変化します。製造、サービスの妥当性はいかなる場合も確認して下さい。「あとで不適合製品は検出できるからOK」では検出モレが起こった場合、当社に不適合品が届くためです。 【解釈】7.5.2項 「製造及びサービス提供に関するプロセスの妥当性に関するプロセスの妥当...

    • No:95
    • 更新日時:2013/06/17 10:19

17件中 1 - 10 件を表示