• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 7.3 設計・開発 』 カテゴリー内の"よくある質問"

12件中 1 - 10 件を表示

1 / 2ページ
  • 7.3.2.3 特殊特性

    【規格の意図】決定した特殊特性(「製品の鍵」)を管理手順(コントロールプラン)に入れて管理して下さい。また、他のどの文書にその“鍵”の記述があるのかを整理しておいて下さい。折角、判明した「鍵」を上手に重点管理しないと、「鍵」を見逃してしまいます。 【解釈】「特殊特性」 とは、日本の自動車業界では、「重要保安部... 詳細表示

    • No:85
    • 公開日時:2013/06/17 10:19
  • 7.3.2.3 特殊特性は顧客からのすべての特殊特性を、コントロールプランに含める・・・・には特殊特性に関係のない工程まで含めなければならないのでしょうか...

    ①工程   ⇒②工程(カバーはめ込み)⇒ ③工程(トルク測定) 特殊特性あり 特殊特性なし        特殊特性あり顧客より①~③工程完成品には特殊特性の指定があります。②工程に特殊特性の記号は必要でしょうか? 特殊特性と顧客が指定しているのであれば、当然必要です。指定理由が不明であれば、顧客に問い合わせるし... 詳細表示

    • No:448
    • 公開日時:2015/12/31 07:46
  • 【特殊特性の管理について】顧客指定の特殊特性についての管理方法などは顧客より指定があり、管理図や作業者認定を行うこととしています。当社が指定する特殊特性に...

    特殊特性の管理として、必ず管理図を使用しなければならないということには、ありません。 作業者認定も状況によります。顧客指定の特殊特性は、工程能力の継続的な維持を目的としているために管理図による傾向監視及び工程の妥当性確認者としての作業者認定が要求されているのだと思います。通常、組織の特殊特性は、工程FMEAによる... 詳細表示

    • No:400
    • 公開日時:2015/12/30 16:49
  • 7.3.1.1 部門横断的アプローチ

    規格の意図:メンバーみんなで、いろいろな方向から検討して、「漏れ」がないように設計をして下さい。1. 最重要ポイントの特定(特殊特性)2. 危険箇所とその度合い、防ぐ工夫(FMEA)3. ポイントと危険を考慮した管理方法(コントロールプラン)設計でリスクの高いものが漏れたら、付加価値のない検査を追加するしか仕方な... 詳細表示

    • No:53
    • 公開日時:2013/06/17 10:19
  • 7.3.3.2 製造工程設計からのアウトプット

    【規格の意図】製造工程設計の結果から、製品が作れないといけません。製品を作るときの基礎となる「計画」がこれらです。インプットとアウトプットを比較して、相違があれば、問題と捉えてください。図面、フローチャート、製造工程FMEA、コントロールプラン、作業指示書などは「鍵」を記したものです。 【解釈】前述の、7.3... 詳細表示

    • No:87
    • 公開日時:2013/06/17 10:19
  • 7.3.2.2 製造工程へのインプット

    【規格の意図】製品設計の結果(リスクも)を引き継いで下さい。生産上の目標値を設定して下さい。作り方に対する当社からの指示は守って下さい。過去の経験も生かして下さい。最良の製品を生み出すために、最適な工程を作って下さい。 【解釈】生産技術において、”工程設計段階”での、日程管理を含めて、確実な工程設計業務の遂行... 詳細表示

    • No:84
    • 公開日時:2013/06/17 10:19
  • 7.3.3.1 製品設計からのアウトプット — 

    【規格の意図】危険回避の結果、製品が大丈夫なこと、「鍵」(特殊特性)、製品仕様、みんなの合意、製品が大丈夫であることの確認方法、これらを製品設計の結果として残して下さい。インプットとアウトプットを比較して、違いは問題と捉えて下さい。問題点をクリアしていたことを確認できるようにしておいて下さい。 【解釈】 前述... 詳細表示

    • No:86
    • 公開日時:2013/06/17 10:19
  • 7.3.2.1 製品設計へのインプット

    【規格の意図】最良な製品を設計するために、様々な情報を生かして下さい。特に当社からの依頼事項は重視して下さい。特に特殊特性には注意を払って下さい。 【解釈】「顧客要求」は”契約内容”でざり、当然の事です。「情報の使用」は、”組織の設計標準”、”技術基準”、”過去トラ(失敗事例等)。多機能協業チームで、全社情報... 詳細表示

    • No:83
    • 公開日時:2013/06/17 10:19
  • 7.3.6.3 製品承認プロセスについて、 組織は、顧客に認められた製品及び製造工程の承認手順書(PPAP)に適合しなければならない。とありますが、  (...

    1.製造工程が顧客監査で合格になったとしても、製品が承認されていることが明確でない限り、要求事項を満たすことになりません。2.PPAPまたはISIR(承認検査法)のような手順に基づいた何らかの顧客承認が必要です。 詳細表示

    • No:373
    • 公開日時:2014/05/09 16:55
  • 7.3.6.3 製品承認プロセス

    【規格の意図】製品承認のシステムを当社のやり方に合わせて下さい。御社の材料供給者へも、材料承認の仕組みを適用して下さい。 【解釈】PPAPのことです。QS-9000時代と同じです。顧客要求に対して、該当する、”文書及び記録”をパッケージにして、顧客承認をいただく。このシステムをサプライヤー(供給者)にも要求し... 詳細表示

    • No:97
    • 公開日時:2013/06/17 10:19

12件中 1 - 10 件を表示